幸せのご報告

ひとまわり年下、外交官の彼ができました。

ゆみさん(仮名・42歳・東京)

先日婚活体験コンサルを受けましたゆみです。

その節は貴重なアドバイスを下さりありがとうございました。

私には、婚活体験コンサルの1か月ほど前にせっかく告白してくれたのに諸事情(婦人科疾患のため子供が産めなくなったこと)を理由に「私と付き合ったらご両親が反対するに違いない」とお断りした男性がいました。

婚活体験コンサル中にふとその男性を思い出し先生にお話ししたところ、下記のようにアドバイスをいただき再度連絡を取ってみることにしました。

すぐに返事があり、お茶したところ2度目の告白をされました。

婚活体験コンサル中の会話;


「お断りしたんですよ。だって彼は私よりひとまわりも年下で、外交官なんだもの。彼のように将来有望な男性はもっと若くて健康な女性と結婚して優秀な子孫を残すべき。
彼のご両親だってきっと反対するに違いない。
うんと年上でしかも子供が産めない私なんて。
だって彼は長男で唯一の男の子だから。」

先生
「なんてもったいない!
今すぐ彼にメールしなさい。彼の幸せは彼が決める。
親はね、子供が幸せでいてくれたらそれでいいのよ。
出産のタイムリミットに縛られないゆみさんは、もっと自由に恋愛を楽しんでください!」

そして先日、彼とのディナーの席で3度目の告白を受け入れました。

先生のご著書にありました

「現在は、過去の選択の結果。だとしたら今の選択を変えたら未来が変わる。」

今までの狭量な考えを捨て、いつもと違う行動を取ってみたら素晴らしい結果が返ってきました。

私と同じように、婦人科疾患で子供を産めなくなった女性は少なくないと思います。

一人でも多くの女性が、私の体験を読んで希望を持っていただけたらと思います。

孕妊性も、年齢も、既往歴も、本来の貴女の輝きを曇らせるものではないし、選択は限りなく自由だ、と。

彼と末永くより良い関係を築くため、レッスンに申込みました。

先日初回レッスンを受講したとき先生に「なんだか雰囲気が柔らかくなりましたね。」と言っていただきました。

頼れる彼がいてくれることで心に余裕ができ、仕事も人間関係も、自信を持ってNoと言える自分になったのが大きな変化です。

「自分をいたわり大切にする」ことで自分にも他人にも寛容になれます。

自分に優しくできないと他人にも優しくできないとはこういうことだと、

今回の体験を通して学びました。 

珠子先生、私は大きな気づきをいただきました。

本当にありがとうございます。

レッスン一覧

レッスン一覧