ベルリオーズ等

「すっぽん」から鐘が出てきて、「怒りの日」のメロディに合わせて金を鳴らすなんていうのは、非常に日本的であり、斬新な演出だと思う。

ただし、コマ劇場のような設計では良くない。
もっとクラシック音楽でも適応できるような設計を行わなければならない。
そんなものができたら、世界中が離さないと思うのだが、いかがであろうか。

日本には、古くから音楽というのは、雅楽的なもの以外ないのではないかと思う。
ただ、巷には、「節」が存在している。
「節」は西洋の音楽とは違う日本独自のものだ。

絵画を含めて、日本の芸術の美は「用の美」である。
何も美術館、コンサートホールを作る必要なんてない。
生活の中にあるもの例えば、包装紙の絵柄や図柄が美しかったり、田んぼや畑での仕事が美しく調和して響けばそれでよい。

歌舞伎や文楽は芸術よりもエンターティメントだ。
それでも、琴や三味線を教える人はいる。
その人たちの教え方は、口伝であり、流派となって教える人の稼ぎ手段になってきた。

これが日本では古くからのやり方だ。
そして現代では三味線はピアノであったりする。

ホールの大きな存在

ヨーロッパではホールが大きな存在だ。
ホールが発表の場であり、コンクールの場であったりする。
そしてそこには必ず音楽に鍛えられた聴衆や音楽を聴こうとしているこれからの聴衆がいる。

日本は流派内での内輪の発表は在りうるが、ホールのような公共の場や鍛えられた聴衆がいないので、クリエイターやパフォーマーは鍛えられない。

そもそもが、隣の国と地続きで接していないので、仕方ないかもしれない。
日本の優れた芸術家は必ずヨーロッパで名声を得てから、日本に逆輸入される始末だ。
この辺りは、本当に、文化の作り手が大きな声を上げていく必要がある部分である。

ウィーンでサイトウキネンオーケストラの第1回目のコンサートを聴いたことがある。
秋山和慶と小澤征爾が同オーケストラを振ったのだが、小澤が振ったブラームスの交響曲第一番が秀逸で客席も興奮気味であった。

その後のアンコールがドヴォルザークのスラヴ舞曲第10番作品72-2であったので、客席は熱狂や興奮から一気に美しいものを見た時のため息に変わった。

コンサート終了後、その演奏が深く胸に突き刺さった聴衆がいて、私にあのアンコールの曲名は何ですかと話しかけてきた。
そう、ホールの魅力はここにあるのだ。

人間の髪の毛には外部からの衝撃を吸収したり、太陽光から出る紫外線を予防するなどの役割を持っており、こうした効果をあまり知らない人は多いです。

髪の毛は顔と同様に他人とのコミュニケーションをとる上で、人目につきやすい箇所なので寝癖や汚れが付着すると必然的に相手の視界に入ってしまいます。

こうした頭髪の乱れは、場合によって話し相手や周囲の人々を不快にさせる恐れがあり、毎日のスカルプケアは大切です。

近年、髪は衣服や装飾品のようなファッションの一部として考えられており、髪型を変えたりゴムやピンで見た目を華やかにする動きが見られます。

髪の色を変更するヘアカラーもその中の一つであり、茶色や金色などまるで欧米人のような見た目になることができます。

ファッション目的以外にもヘアカラーを使用するケースが見られ、それは加齢やホルモンバランスの影響で発生する白髪を隠すためです。

白髪の症状は個人差があり、頭部全体が白くなることもあれば、部分的に色違いが見られるなど様々です。

そのため自毛と異なる色の髪が混ざると、見た目の印象が老けてしまったり、不格好な雰囲気を漂わせてしまいます。

ですからヘアカラーを使用する人が多く、ヘアサロンで希望する髪の色を変更してもらいます。

最近では自宅でもヘアカラーを行えますが、一般のヘアマニキュアやヘアカラーの多くは配合成分の刺激が強く、人によってはアレルギー症状を引き起こす恐れがあります。

ですから、使用中は普通の人でも肌に刺激が行かないよう手袋を身に付ける必要があり、敏感肌やアトピー体質の人はセルフで髪を染めることが一見難しいように思われます。

しかし最近ではヘアマニキュアの一種であるヘアカラートリートメントタイプの商品が出回っており、これらは染まりが悪く色落ちしやすい短所を持ちますがメリットも多く含んでます。

まずは髪や頭皮に優しい薬剤が使用されてるので、敏感肌の人やアトピーの人でも安心して扱うことができます。

またトリートメントタイプの商品は使用し続けても、薬剤による薄毛や抜け毛を初めとした頭皮トラブルのリスクが少ないもの特徴の一つです。

その為近頃ではセルフケアを行う場合はこのタイプの商品を購入する人が増えてます。

髪萌ヘアカラートリートメントもスタイリング剤の一つであり、インターネットの口コミなどで人気を集めている製品です。

入浴時のシャンプーと一緒に使用することで髪が染まるメカニズムとなっており、使用回数を重ねるごとに色が自然な仕上がりに定着していきます。

髪萌ヘアカラートリートメントにはアロエやローズマリー、ユズを初めとした10種類を超える植物由来成分を配合されており、頭皮に負担を与えません。

同時に素手で使っても肌トラブルのリスクが少ないので、わざわざ手袋をはめる手間が省けます。

また使用後も、専用の薬剤を使用しなくても市販のシャンプーで髪を洗い流せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です